« おまけ | トップページ | ・・・。 »

2005/09/28

お祭り

府中は本日お祭りのようです。


駅前のけやき通りに沢山のお神楽が並び、
子供達がお囃子を奏で、面を被った子供達が踊る。
それを観てヤンヤヤンヤの大人たち。

05-09-28_18-55


そんな光景を見ていたら、なんとなく、


虐待・・・?


という言葉が浮かんだ。



祭りって、たまにそういう、


ん?


て思うものがある。



どっかの「泣き相撲」なんて最たるもの。
土俵で赤ちゃんを脅かして、泣いたら勝ち、
泣いたら健康に育つとかなんとか。
そんなのをやっぱり大人たちはヤンヤヤンヤと喜んで観ている。



またある地方ではその年に嫁を貰った男を大人数で雪の中に投げ込む。
投げた方も投げられた方も笑顔で喜ぶ。
でも見ようによっては、


よってたかってのイジメ・・・?



こんな奇祭は2つや3つじゃないはずだ。



そう考えると、虐待やらイジメやらっていうのは、
島国根性日本の国民性の表れなのかもしれない。


もちろんそれらを肯定するつもりはさらさらないが、
気をつけないと誰もが陥ってしまう可能性のあるものなのかも


しれないニャー。



話が硬かったので猫語で柔らかく調整。


|

« おまけ | トップページ | ・・・。 »

コメント

祭りだったんですか?見たかった。。。

投稿: lifeisjourney | 2005/09/28 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おまけ | トップページ | ・・・。 »