« 初 | トップページ | カレー »

2005/11/16

初2

だいぶ寒くなってきた。





昨日の話題に関連し、初夜にまつわる小話をひとつ。



下ネタ注意。






むかーしむかし、あるところに、


大変な美男子がおりました。



ナルシストだった彼は、


適齢期になっても女性には目もくれず、


来る日も来る日も鏡を見て過ごしていました。



「あぁ、ボクの顔はなんて美しいんだ」



そんな息子を心配した両親は、


彼にお見合いを勧めました。



彼はシブシブではありましたが、


親思いでもありましたので、


お見合いして結婚することにしました。



滞りなく結婚式を迎えた夜、


彼は悩んでいました。



結婚したら初夜を迎えて、


SEXをするということは知っています。



でもSEXとは何なのだろう?



何をしたらいいのだろう??



彼はこっそりと父親に電話をかけました。



「お父さん、SEXとは何をしたらいいのでしょう?」



父親は困ってしまいました。



さて、なんと説明したら良いのか。



考えた父親は、照れながら答えました。



「お、おまえ、それは、アレだ。
おまえの体のだな、コホン、大事な部分をだな、
えーと、お、女の子がおしっこをする穴にだな、
入れるのだよ」




「え!!!そんなことをするのですか!?」



「あ、あぁ。みんなしていることだ」



電話を切った彼は思った。



そうか、みんなこんなことをしているのか。



ボクもちゃんとしなくちゃ。



意を決した彼はその足でトイレに行き、






便器に顔を突っ込みました。







はい、どうも。


|

« 初 | トップページ | カレー »

コメント

あーびっくりした。
”顔を”というのは、わかったのですが、
”どこに”がわからず、
まさか女の子が死んじゃうよ・・・とはらはらどきどき。

投稿: junko | 2005/11/17 19:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初 | トップページ | カレー »