« 二枚 | トップページ | 硝子 »

2006/10/12

暗示

今日は暑くなるとか。





久しぶりにストーリーのある夢をみたので忘れないうちに更新。




夢の中、どこかキャパの小さい会場でのオーディションに来ていた。




ボーカルなどのパフォーマー部門と、



なんかいろいろな部門のオーディションだったのだが、



オレはなぜか作曲者部門のオーディションへの参加だった。




形式は一般客の前で舞台に立ち、



マックの自動演奏で自作曲を披露するというもの。




やっぱりDTMといえばマックでしょ。




同じく作曲者部門にエントリーしている やくみつる氏と雑談なんかしながら、



緊張もせずに余裕で順番を待つ。




さぁ、出番だ。




舞台そでから会場をみると観客はまばら。




お、こんな程度か。




じゃあちょっと演奏しながら唄っちゃおうかな。




歌詞は覚えてるかな?




なんてことを考えながらステージへ上がり、



後ろにセットしてあるマックの前へ。




あれ?そういえばマックってあんまり使ったことないよ?




なんかマウスがWindowsと違うよね?




てか、この曲のファイルはどこに保存されてるんだ?




ここでもないそこでもないとカチャカチャとファイルを探すのだが、



いっこうに目的のMIDIファイルが見つからない。




司会者が場をつないでいる。




会場はいつの間にか客がいっぱい。




カチャカチャカチャと急いでファイルを探す。




そもそもファイル名さえもわからない。




会場はさらに満員御礼。




柄の悪い客が罵声をあげる。




やくみつるに慰められる。




あせる、アセル、汗る。




あー、ファイルはどこだー!?





結局みつからないまま目が覚めた。





あーアセった。なんの暗示?



|

« 二枚 | トップページ | 硝子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二枚 | トップページ | 硝子 »